私は見た目に劣等感があります。自分の『女子』の部分を受け入れ、自信を持ちたいです。

はじめまして。 私は見た目に劣等感があります。 小さいころから親に可愛げが無いと言われ続けたこと。 そして、背が高くて何故かどこにいても目立つため、巨人、もやし、顔がきつく性格悪そう、そんな可愛く無いよね。俺のタイプじゃ無い。などと頼んでも無いのに周りに批評され、傷ついてきました。。 今の彼氏にも、可愛い子と付き合うと浮気するから今回はそこで選ばなかった。と言われ、完全に自信を失ってしまいました。今更可愛いねと言われても、申し訳ない気持ちになります。可愛い女子が彼氏に言い寄っている姿をみると、譲ってしまいそうです。 自分の『女子』の部分を受け入れ、自信を持ちたいです。どうしたらいいでしょうか?

 

これは…内容を整理してみますね。あなたの容姿について。
・背が高く、目立ち、痩せていて、クールな顔つきである
どれも長所ですね。総合するとモデルさんのようで、良い要素ばかりです。

・親に可愛げがないと言われてきた
・周囲に酷いことを言われた
・恋人に暴言を受けた

問題は明らかにここです。あなたの容姿ではありません。
自分自身のことを冷静に見るのは難しいことです。すごい美人も、可愛い女の子も、話してみるとみんな自分の容姿に不満があり、ビックリさせられます。でも、他人から「可愛いじゃん!」「何か不満なの!」と問われたところで、お前に何がわかるんじゃ!ですよね。
容姿に関しては、自分の思う満点には遠いとしても、少しずつでも気にいるように改善していくことができます。お化粧を変えるのもよし、体型も変えていけるし、どうしても必要だと思うなら、美容手術だって色々あります。

知らない人を見るつもりで自分の容姿を眺めてみてください。
彼女はどんな風ですか?髪型は似合っていますか?服の色は肌色に馴染んでいるでしょうか。メイクは流行りを取り入れているでしょうか。皮膚は潤っていますか?キュッと細いスタイルも素敵ですが、ふっくら肉付きが良いのも魅力的ですね。表情はどうでしょう。笑顔が多い人のは丸く上がっていて、無表情の人は顔全体が垂れてきます。姿勢はどうですか?自信がない人は、背中を丸めていて、首が下がり、顎が出ていることがあります。

あなたが自分のために行った前向きなメンテナンスを思い返してみてください。リストにすると分かりやすいかもしれません。結果の出方はどうであれ、それは真っ当な努力であり、ひとつひとつが前に進んだコマです。しかし、他人に気持ちを塞がれた状態では、何をやってみたところで、「いかがでしょう」と人に評価を仰いで、ご機嫌を伺わないといけないわけです。誰かに手伝ってもらわないと自分を認められない。財布を預けている状態です。

一生使うものでもなし、『女子』の部分なんてあってもなくてもいいじゃないですか。ゴールには「可愛い女子」ではなく、もっと重要な「良い人間」を据えるのがいいと思います。良い人間になるための一歩として、「他人に酷いことを言う人間と関わらない」という手段があります。繰り返しになりますが、問題はあなたの容姿ではなく、「酷いことを言う人間」です。自分で一生懸命メンテナンスをしても、そこを踏み荒らされるなら、親であっても距離を置いた方がいいと思います。そんな男を欲しがるなら、譲ってあげてもいいんじゃないでしょうか。

76Likes