彼氏がいたことがないのに、彼氏がいたという嘘を突き通すことにしました。

過去に彼氏がいないのにいるふうなことを言ってしまい罪悪感にさいなまれて、以前カワウソさんに相談したものです。先日、ついにそれについて友達に話さなければいけない時が来ました。よくないことだと思いながらも、彼氏がいたという嘘を突き通すことにしました。そして、馴れ初めも自分で適当に考えて話しました。しかし、なんだか悶々としてしまいます。自分がいけないことをしてしまったと。自信がないせいかこのようなことでいつも見栄をはってしまう自分が嫌です。

架空の人格を産んで、エピソードや背景を作り込んで肉付けして…というのを繰り返すのは結構危険で、その霊みたいなものは産まれたからにはそう簡単に消えられず、中々別れられなくなったりします。
オカルティックな話だと思うかもしれませんが、結構身近な例を見ておりまして。ある人がですね、「私の父はギャンブルや暴力を振るう人で、そのせいで自分の恋愛や結婚が遅れて辛かった」と語ってくれて、カワウソはふんふん…と素直に聞いてたんですけど、後に別の人から、彼女は若い頃に恋愛が上手くいかなかったので、周りから「自分を責めないで!家の事情で恋愛も結婚もできなかったとでも思っときなよ」と助言を受けていたのだと聞いて、えっ?!聞いてないのにわざわざ嘘をつかれたのか?それとも年月が経つにつれマジでそう思い込んでしまったということ?!と、大変ゾッとしたんですけど、多分彼女は「嘘をつくぞ!」「騙すぞ!」と考えているのではなく、想像上の父がリアルに肉付けされすぎてしまって、もはや記憶がすり替わってしまっているんじゃないかな?と思うのです。
心から本当だと思っているので、嘘はついていない。怖くないですか?彼女は一応何の精神病でもなく、まともな人なんですけど、発狂の彼岸と此岸をかなり高い波が行き来しているような印象でした。
あなたの彼氏はいまどのくらい具体的に人格を持っていますか?あまり作り込むと、そのうち耳の後ろから「俺のこと忘れないでね」と囁かれますよ。

30Likes